将来的に行政書士になりたいなら学習期間をきちんと決めよう

合格するためには

レディ

試験対策の必要な教材

行政書士の資格を取得できるように、試験対策としての勉強に取り組みますが、試験対策を行う人の平均的な学習期間はどれほどなのかといいますと、短くても半年は考えるほうが良いといいます。人によっては学習期間が3ヶ月ほどで試験に挑み、行政書士の資格を取得したという人もいますが、それは少数派かもしれません。行政書士の資格の合格率は毎年一桁の数字なので、それだけハイレベルなものなのです。なので、もし1回目の試験が不合格だったとしても落ち込む必要はありません。また、学習期間を増やし、しっかりと試験までに行政書士の資格取得に向けて勉強すれば良いのです。行政書士の試験対策を行うためには、基本的にテキストは必需品となります。行政書士の試験では択一式の問題と記述式の問題があり、テキストだけでなく、過去問が載っている教材も用意することで、どのような試験内容が出てくるのかを把握することができます。そしてもう1つ大事な教材が、判例や記述が載っている行政法の六法です。判例を呼んで把握していくことはとても重要で、そのなかでも、どのような問題が多く出題されるか、1つ1つの問題に星の数が載っている教材が良いといいます。星の数が多いほど試験に出てくる確率が高いと載せている教材がいくつかあり、それを参考にすることで試験を受けやすくなるといわれています。教材は1冊3000円ほどで購入できるものもありますし、もし通信講座で取り組むのであれば、10万円ほどで学習期間中の試験対策ができるテキストを用意することができます。