将来的に行政書士になりたいなら学習期間をきちんと決めよう

法律家の道に進む方法とは

婦人

目標の一つとして

行政書士とは行政書士法に基づく国家資格者で、依頼された書類作成からコンサルティングを含む許認可手続きまでを報酬を得て行うことのできる人です。行政書士になるためには行政書士法2条に定められた要件をみたし、2条の2の規定に該当しない人であることが条件です。しかし、一般的に行政書士試験を受けて合格したら資格を名乗れるといわれており、その方法が多数となるのでこの方法を前提として説明します。試験は国の委託を受けた指定試験機関が実施していますが、行政書士が総務省に認定されているため総務大臣の名前で試験が実施される建前になっています。学習期間は数か月の短期合格をする人もいますが、半年から1年間以上かけて準備することが多いです。試験内容が業務で使う法令科目と一般知識等科目とに分かれており、それぞれに合格基準が設けられています。具体的にいうと、法令科目が50パーセント以上、一般知識等科目が40パーセント以上かつ試験全体で60パーセント以上点数を取らないと合格できません。そのため、多くの受験者は学習期間の多くを法令科目に費やすことになります。法令科目の中でも民法と行政法は配点が多く分けられており、特に行政法はその中で複数の法律が含まれていることから一番時間を使って学習することになります。試験直前になったら戦略上捨てる分野が出てしまうこともありますが、基本的に苦手分野があると合格しずらくなる傾向があります。よって学習期間がまだ残されているならば新しく学習する法律とともに苦手科目をつぶしていきます。一方一般知識等科目は過去問からおよその傾向をつかむことはできますが、毎年違った問題が出る分野でもあります。この分野で高得点を狙ってとるのは難しいため、共通して出やすいところで得点を重ね、合格基準を突破することを目標にしたほうが学習期間に見合ったものになります。

合格するためには

レディ

行政書士の資格は、毎年合格率が一桁の数字となるほどレベルの高い資格です。その資格に合格できるようにするためには、最低でも半年以上の学習期間を要して試験対策に取り組むことを考えていたほうが良いといいます。

資格試験と合格までの日数

女性

行政書士の資格を取るための学習期間は、勉強のスタイルによって変わります。独学の場合は約1年、通信講座を利用すると約半年の学習期間で合格出来る可能性があります。効率の良い学習が出来るのが、通信講座の良さです。

個人差があります

女の人

行政書士試験に合格するためには、相応の学習期間が必要です。特に初めから行政書士試験の勉強を行うためには、1,000時間程度が目安といわれています。独学の勉強では続けることが難しいと感じたら、通学制の学校や通信講座を利用してみると良いです。